TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > ダイエットの敵「停滞期」

ダイエットの敵「停滞期」

2016.10.13 | Category: 未分類

こんにちは、あきたや整骨院の齋藤です。

 

前回、あきたや整骨院式ダイエットについて記事を書かせていただきましたが、今回はダイエットの敵ともいえる停滞期について少しだけ。

この停滞期が来て体重の変化がなかなかないのでダイエットをやめてしまった。という人は結構いると思います。

では、なぜこの停滞期が来るのかというと「ホメオスタシス機能」という体を記憶している元の状態に戻そうという機能が働くことによって停滞期と呼ばれる時期ができてしまうんです。

ケガや病気になった時に、これを治そうとする身体の働きも同じ機能によるものなんです。

ダイエットによって体重が急に減る事で、これを異常と思って元の状態に戻そうとしている時期が停滞期なんですね。

 

では、元の状態に戻そうとしている状態というのは、いったいどういう状態なのか。

それは、消費エネルギーを減らし、栄養をより吸収しようとしている状態なのです。

 

ここまで聞けば「あっ」と思った方もいると思います。

この停滞期にダイエットをやめてししまうと何が起きやすくなるのか、そうです、リバウンドです。

 

もちろん、前回お話しした通り、筋力トレーニングをしていれば代謝は上がっているのでリバウンドはしにくい状態ではあるんですが、ダイエットが終わった直後というのは、ほとんどの方がその開放感から高カロリーの物を多くとる傾向にあります。

 

それはそうです、だって今まで少なからず我慢してたんですもん、誰だって食べたいです。

僕だって食べたい。

今まさにかぼちゃのケーキとか食べたいです。

 

そんな精神状態で「ダイエットはやめるけど停滞期だからしっかりご飯は減らす」なんて器用な事できるわけありません。

むしろダイエット継続してます。

 

そして、ここまで読んだ方はわかっていると思いますが、身体の免疫機能といってもいいこの停滞期、防ぐのはほぼ不可能と思っていいです。

 

では、どうやって停滞期を乗り越えていくか

 

もうね、諦めましょう。1週間ぐらいは変わらないと最初から諦めましょう。

ちなみに自分も今停滞期に入ってはいますが、これ、慣れてきます。

それに、停滞期と言えど、1週間単位で見ていくと意外と下がったりしてるんです。

なので、毎日の体重の変化だと水を飲んだり、お通じが出たりでなかったり、食べるものも食べる時間も毎日違ったりででどうしても変化が出にくいという事もあるので、1日1日で増えた減ったで一喜一憂するのではなく、もう少し長い目で見ることが大切になってきます。

それでも精神的にキツイという方は、目標体重にするまでのスケジュールを組んでみると良いかもしれません。

毎月1kgで5か月で5kg痩せる、とか毎月2kgで3か月で5kgやせるとか

目標に到達すればいいわけですから、停滞期が来たところで焦らなくなってきたりもします。

焦って急に運動量を増やしてしまう方もいますが、そもそも消費カロリーを出しにくい状態で運動を増やしてもあまり効果がないので、毎日同じぐらい動いていれば急激に増やす必要はないです。

けれど、運動量を減らすという事はやめましょう

毎日やる習慣をつけておくのが大事なので、減らすのではく、現状維持です。

 

結局のところ、精神論になってしまいますが、焦らなくていいんです。

必ず結果は出ていきます。

停滞期があったからなんだというのですか、ほとんどの方はもっと長い時間をかけてその体形になったんです。

それが、太る期間よりも早く痩せてるんですから、停滞期ぐらい来ます!

 

それでもどうしても我慢できない人は、どうぞあきたや整骨院へお越しいただいた時にでもご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒338-0004 埼玉県さいたま市中央区本町西4-18-11 イコスピア
駐車場2台あり
電話番号048-764-9047
予約予約優先制 ※お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日火曜、祝日、研修参加日

Facebookを始めましたので『いいね』お願い致します。