TEL
MENU

Blog記事一覧 > 交通事故 > 雨の日に増えるのはどんな事故か?

雨の日に増えるのはどんな事故か?

2017.06.13 | Category: 交通事故

雨の日の運転は、視界が悪いだけではなく、路面が滑りやすくなっているため、晴天時よりも慎重に運転する必要があります。首都高速道路株式会社の調査によると、雨天時の時間当たりの事故件数は、晴天時と比較し、約5倍も高くなっているといわれています。

さらに、雨天時の夜間は視界がますます悪くなるため、深夜になると晴天時の約7倍も事故が発生してしまうのです。

 
雨の中でもっとも多いのは、スリップによる事故です。速度が高いまま、カーブに進入し、その結果として生じるスリップのほか、追い越し時の急加速による直線でのスリップ、ほかにも轍の水たまりに進入した際にスリップするなど、さまざまなシチュエーションで起きています。

濡れたマンホールの蓋を気にせず越えようとしたら、滑ってヒヤッとした、という人も少なからずいるはずです。 さらに、雨天時の特徴として、歩行者を見落としたことに起因する事故も発生しがちです。雨の日の夜間は、視界が悪いため、歩行者や自転車などの認識が遅れる傾向にあります。衝突するまで気付かなかったというケースも多いといわれています。

雨天時の運転は、どれだけ注意しても、それが過ぎるということはないといえます。

それでも万が一事故などを起こしてしまったなどがありましたら、あきたや整骨院へご相談くださいませ。

 

☆あきたや整骨院のおすすめ施術☆

身体の土台となる骨盤矯正

肩コリや頭痛改善全身調整施術

出産後の骨盤の開きに産後の骨盤矯正

日頃の疲れのたまった身体にリセットマッサージ

他にも交通事故治療(むちうち)やスポーツ外傷に特化した最新高電圧治療器

さいたま市中央区に今までになかった整骨院を!

何かございましたらあきたや整骨院へご相談くださいませ。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒338-0004 埼玉県さいたま市中央区本町西4-18-11 イコスピア
駐車場2台あり
電話番号048-764-9047
予約予約優先制 ※お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日火曜、祝日、研修参加日

Facebookを始めましたので『いいね』お願い致します。