TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 動けないと申されましても・・・

動けないと申されましても・・・

2017.05.04 | Category: 未分類

高齢者に多いのですがまれにどこも悪くないのに体が思うように動かないと訴える方が来院されます。

そりゃそうです、そんなに着込んでるんだから。

冬じゃないのに5枚、6枚の重ね着は当たり前、下だって3枚履いてたりするんです。

身体にフィットする肌着を何枚も重ねてるんだから着圧のインナーを着てるようなもんです。

さらにはお腹が凹んで見えるハイウェストのタイツみたいなのを装着してる人も珍しくありません。

身体が悪い、筋力低下以前に着過ぎの人、凄く多いです。

高齢になると体温調節機能が低下するらしいのですがあんなに着込んでたらそりゃ熱中症にもなりますし締め付けで血行不良、酸欠、意識朦朧もしてしまいます。

寒さ、暑さを感じそうならインナーではなく、アウターで調節したほうがいいでしょう。

もし家族に病気じゃないのに動けないと訴えるおじいちゃん、おばあちゃんがいる方は確かめてみてください。

脱がせるとすばしっこく動けるようになるかもしれません。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒338-0004 埼玉県さいたま市中央区本町西4-18-11 イコスピア
駐車場2台あり
電話番号048-764-9047
予約予約優先制 ※お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日火曜、祝日、研修参加日

Facebookを始めましたので『いいね』お願い致します。