TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 日本人と欧米人の体形の違い

日本人と欧米人の体形の違い

2017.04.05 | Category: 未分類

おはようございます。

本日は欧米人と日本人の体形について。

先週、10数年来の付き合いの格闘家をしているスコットランド人と雑談をしたのですが、彼は日本人女性がすごく好きで好きでたまらないそうです。

ですが不満もいくつかあり、一つが体形に関してでした。その他の不満はどうでもいいことばかりだったので「少し黙れ」と一刀両断しときました。

欧米人の彼等から見ると、日本人女性の体形はメリハリが無く、幼児体形だそうです。

とても大きなお世話ですね。

ですが何が違うのかを少し考えてみました。

日本人と欧米人は、一番の違いはお尻にあります。厳密には骨盤です。ここの角度が幼いころから違うので、筋肉のつき方が違います。

日本人は太ももの前側、大腿四頭筋で歩くため、どうしても前側の筋肉全般が発達します。その結果上半身は前傾し、極端に猫背で、膝は伸びきらないまま歩くため、すり足のような歩き方になります。

そうすると下半身に負担が集中し、骨は太く、短く、強くなります。動物の歩行形態だと牛に近いです。

一説によるとこれは着物文化時代の名残だそうで、実は世界的に見ると変わった歩き方です。

実際に院長が海外に赴任していたころ、中国人や韓国人に混ざった日本人はすぐに見分けられたそうです。

一方で欧米人は日本人とは逆の太ももの後ろ側、ハムストリングスで歩きます。ここが発達すると、足は凄く細く見えるのに、瞬発力、パワー、耐久性、に優れた足となります。馬の脚の筋肉が似た構造です。

そして骨盤は前傾し、ハムストリングスの拮抗筋として腹筋が発達します。そして骨盤前傾の影響でお尻が出るので非情にデニムがよく似合う、となります。

以上のことから日本人が欧米人のようなスタイルを目指すなら、ハムストリングスを鍛えることが重要となります。

それ以外にも鍛えるべき部位はあるのですが超長くなってしまいますので詳しく聞きたい方はLINE@にてお気軽にご質問ください!

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒338-0004 埼玉県さいたま市中央区本町西4-18-11 イコスピア
駐車場2台あり
電話番号048-764-9047
予約予約優先制 ※お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日火曜、祝日、研修参加日

Facebookを始めましたので『いいね』お願い致します。