TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 加害者がいる怪我の通院

加害者がいる怪我の通院

2017.03.30 | Category: 未分類

自転車同士、ケンカ、交通事故等、相手(加害者もしくは被害者)がいる場合、健康保険で通院するにはご自身が加入している健康保険組合に”第三者行為の傷病届”を行う必要があります。

この手続きをしないと、健康保険での通院はできません。全て自費となってしまいます。

これは病院も整骨院も同じです。

基本的に通院される方ご本人が健康保険組合に連絡することになります。

ですのでもし何らかの交通トラブル、或いはケンカに巻き込まれてしまった場合は、相手が何と言おうと警察に届け出たほうが無難です。

ケンカ中、相手に名前を尋ねてもよほどの筋金入りヤンキーか戦国武将のような意気込みの人しか名を名乗りません。そうすると怪我をさせられても治療が全額自費になるとゆう事態になりかねません。

自転車でぶつかった際も同じで、軽微な衝突でも必ず相手の名前、連絡先を聞く必要がありますが、テンパって忘れてしまう場合もあります。

そこで警察の力を借ります。

警察は現場に来た際に必ず双方の名前、連絡先を聞き、保存します。

後日に相手方の情報を聞くことが可能です。

第三者行為は、届を出す際に相手方の情報を伝える必要があります。そうすると保険組合は7割を立て替えてくれ、その後きっちり相手方に請求するとゆう仕組みです。

以上のことから、他人になにかされたらとにかく警察に届け出るとゆうことが重要です。

もし何か不明な点がありましたら、さいたま市中央区のあきたや整骨院にお問い合わせください。

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒338-0004 埼玉県さいたま市中央区本町西4-18-11 イコスピア
駐車場2台あり
電話番号048-764-9047
予約予約優先制 ※お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日火曜、祝日、研修参加日

Facebookを始めましたので『いいね』お願い致します。